2008/3/10 保健所から親子の犬を救出しました

親子の犬が保健所に収容されていたため救出しました。
母犬は人間との接触がなかったようで、とても警戒して5匹の子犬を守ろうと必死です。子を愛する母性と過酷な野良犬生活が彼女をそうさせているのでしょう。狂犬病予防法により、野良犬は収容、殺処分されてしまいますが今回は幸いなことに助けてあげることが出来ました。

母犬は人馴れしていないという事、また先住保護犬達と一緒にしてしまうと喧嘩をしてしまう懸念がありますので特別にケージに入れて落ち着くのを待っています。毎日話しかけたりしているのできっといつか心を開いてくれる日が来るでしょう。
子犬5匹は健康な状態で保護できました。この子達は他の犬とコミュニケーションをとり、人間にも慣れさせるように取り計らっています。

絶望の淵から救い出したこの犬達にはたくさんの愛情をそそいであげたいです。いつか必ず幸せになれるからがんばろうね。

2008/3/12掲載

TOPページへ 活動報告一覧へ BACK NEXT