飼い主行方不明の犬、クリフォードくんとシンリーちゃん健康診断しました

1.クリフォードくん

現在11歳ですが12月で12歳になります。
クリちゃんと呼んでいます。検査の結果肝臓の数値が以上に高いことがわかりました。
肝臓をエコーで見ましたところ、とても酷い状態で院長先生が驚いておられました。
余りにもひどく汚い肝臓のようです。レントゲンも撮りました。
心臓もかなり悪く3種類のお薬を飲ませています。お散歩は10分くらい、暑い時は絶対安静と言われました。

また、脳神経が悪く頭が常に震えています。真っ直ぐ歩けません。
ドライフードを咬むことが出来ませんので缶詰を食べさせていますが、安いものですと下痢をしますので質の良い物を食べさせています。

クリフォードくんの検査表です
クリックすると大きい画像が
別画面で見られます

2.シンリーちゃん

11歳9ヶ月。やはり肝臓が悪いです。食が細く神経質です。
可哀想な事に前の飼い主さんから殆どかまって貰えなかったそうです。
今では日に数十回「シンリーちゃん」と声を掛けて上げています。なるべく体中たくさん触わるようにしています。最初は嫌がっていましたが、今では触られることに少しずつ慣れてきていますし嬉しいようです。
苦労したせいでしょうか、人を良く見ています。なかなか賢い子です。
みんな肝臓が酷く悪いのでそれが気がかりです。
この子を大切にしてあげたい、里子に迎い入れたいと思ってくださいます方はどうぞアンケートでお知らせ下さい。


シンリーちゃんの検査表です
クリックすると大きい画像が
別画面で見られます

2008/5/13掲載

 TOPページへ 活動報告一覧へ BACK NEXT