毎日新聞2002年10月31日

母子8匹そろって門出

幸手署保護した捨て犬に飼い主

加藤緑さんが母子犬を引き取る

 栗橋町の中学校敷地内に捨てられ、幸手署が保護していた犬の母子8匹が20日、新しい飼い主に引き取られた。保健所への連絡を遅らせ、交代で面倒を見てきた署員らもホッとした表情だった。
 新しい飼い主となったのは、栗橋町の動物愛護団体「動物の幸せを結ぶ会ネットワーク」代表、加藤緑さん(53)。この問題が報じられて以降、同署には里親の申し出が殺到したが、8匹すべてを引き取れるという条件から、加藤さんが選ばれた。16年前から捨て犬や捨て猫を保護し、適切な里親を捜す運動を続けており、子犬が乳離れするのを待って、里子に出す予定という。
 8匹はこの日、幸手保健所や県動物指導センターの職員も見守る中、車に乗せられ、元気に旅立った。加藤さんは「今回は署員の方々の厚意で小さな命を救えたが、捨て犬ほとんどは保健所に送られ、処分されてしまう。絶対に捨てないでほしい」と訴えていた。

【高木諭】

関連書籍(加藤緑が保護した犬たちのお話)




TOP