2005/2/21 闘病中のタイラちゃんが旅立ちました

2005/2/20 近況報告

タイラちゃんが寝たきりになってしまいました。
入院させても治らないのなら、家でお世話をした方がタイラちゃんの為にも良いかと考えます。
毎日の点滴を口内炎は、痛み止をしていただきましたら楽になったようです。スポイトでお水をあげると、美味しそうに飲んでくれます。
腎不全の末期のようです。涙を流している時は、体をさすってあげます。
スキンシップがいいようですね。

2005/2/18 近況報告

1週間前から寝たきりで動けなくなりました。毎日点滴に通っています。
お水も飲めなくなり、手で少しずつ口に含ませています。入院しても点滴しかできないので、家に置いて体を擦ったり、名前を呼んだりして我が家で看護しています。
頑張れ、タイラちゃん!!
お母さんが傍についてるよ!

2005/2/15 近況報告

何も食べなくなってしまったので、毎日獣医さんに点滴に通っている状態です。
お水さえ飲まなくなってしまいました。

2005/2/10 近況報告

少し食欲が出てきました。
腎臓はまだお薬を続けます。おじいちゃん犬ですが、赤い服がよく似合って可愛いです。
支援者の方より頂戴いたしました。

2005/1/30 近況報告

獣医さんで検査と点滴をしてもらいました。
1週間くらい前から食欲がなくなってきました。
お散歩に行っても、100mくらいでよろけて歩けなくなり、抱いて家まで帰るようになりました。
目も耳も鼻もほとんど利きません。

2005/1/13 近況報告

タイラちゃんの肛門の癌手術のため、精密検査を行いましたら、腎臓が悪いことがわかりました。
肝臓も少し悪いとのことですので、薬を飲ませて様子を見ています。
肛門の手術もしなければなりませんが、腎臓の数値が改善されるまで延期となりました。

偶然ですが、支援者のH様が腎臓の悪い犬に食べさせる缶詰をお送りくださいました。
本当にどうもありがとうございました。

2004/12/31 保護犬のタイラちゃんの肛門に腫瘍が発見されました

タイラちゃんは今、白岡の第2保護場所に住んでいます。
12月25日、ボランティアさんから連絡を受けて、28日に我が家へ連れて帰りました。
検査をしたところ、肛門に腫瘍ができていることがわかりました。
年が明けて1月10日前後に手術をすることになりました。
写真は肛門の腫瘍です。痛そうでとても可哀想です。普段から尾を下げている子でしたので気が付きませんでした。
2人のボランティアさんが早めに気づいてくださって本当によかったです。ありがとうございました。

この不幸な子の里親様を探しています。

普段はとても大人しくて、吠える事もありません。他の犬がいると噛みますが、側にいなければ大丈夫です。人間にはなついています。もう老犬ですのでほとんど寝ています。

プロフィール
名前 タイラちゃん
性別
保護日 2003年10月末
年齢 15歳くらい
保護経緯 東京のセンターから、殺処分寸前に犬を引取った人より、「数日間預ってくれませんか」との申し出があり、私共でお預かりしました。
1ヶ月が経過しても何の連絡もなかった為、電話をしたところ「忙しいから飼えなくなった」とのお返事をもらいました。
それから1年が過ぎ、先方からただの1度も連絡がなかった為、こちらから返しに行こうと何度も思いましたが、ボランティアさんと相談した結果、きっと捨てるに違いないという結論が出ました。
我が家に来た時から後ろ足の震えがあり、眼は白内障、フィラリアの状態がひどく、心臓に雑音もありました。
我が家の保護犬がそばに寄ると噛むので、白岡の第2保護場所でお世話をしていただいています。