2007.5.18 りり−ちゃん目が治りました
18日瞼の抜糸に行き、検査しましたところ経過が良く目を摘出しなくても大丈夫といわれました。
少し角膜に傷が付いているようです。暫くは目薬を付けて様子を見て行きます。エリザベスカラーは暫くつけて置くようにとのことでした。本当に嬉しくて泣けてしまいました。今後このような事故を起こさないように気をつけなければなりません。現在、りりーちゃんは他の小型犬とは別の場所で1頭でいます。
良い里親様にご縁できますようにお願い致します。

詳しいことは こちら
   07.5.13 りり−ちゃん 目を怪我しました
               
5.2夜中にエサの取り合い等で、犬同士のケンカが原因(とその時は思ったのですが,
落ち着いて考えると夜中に餌があるわけがないし・・・とすると良く犬同士じゃれ合って
遊んでいるので,少し大きな犬の爪がりり−ちゃんの飛び出した大きな目に当たったの
でしょうね)で目球が傷ついてしまいました。
翌早朝に気が付いたのですが 夜中の出来事で直ぐに処置が出来なかった為に失明
する可能性も考えられるとお医者様に言われました。
                
5.3日の昼間まぶたを縫い合わせて13日が経ちました。18日に抜糸をしてその後の
検査 の結果によって経過が悪ければ目を取るしかないそうです。
多頭飼育の場合、本当に難しいところがあります。先日大手術をして元気になったばかり
なのに可愛そうな事になってしまいました。
りりーちゃんの事守って上げられなくて本当にごめんなさいね。リリ−ちゃんが,1日も早く
心優しい飼い主様の元で幸せになれる事を願ってます。
りり−ちゃんを迎えて下さる里親様をお待ちしております。
  
                これまで病気の経過はこちら