2008/10/1 里子に行ったクロちゃんが手術をしました

肥満細胞腫と言うヒスタミンが大量に分泌されアレルギーショックを起こす(?)かもしれない病気だそうです。表面の「しこり」は手術で摘出できました。摘出した部位は、検査中とのことです。

クロは、体調不良もなく元気でしたが、小さいしこりを発見してしまいました。動物のしこりは悪性が多いと記憶があるので・・・
念の為、検査した所、脂肪細胞腫と判明し、緊急手術になりました。獣医さんに聞いたり、PCで検索したり本も読みましたが、原因は不明みたいです再発率は25%以上あるそうで、9歳以位から、下半身に出る率が高いそうです

傷口は、とても綺麗で、数日前に、抜糸もすみました。当日は、加藤さんが心配して来て下さり、一緒に手術が終わるまで獣医さんのロビーでクロを見守りました。
本当に、心細かったので、とても心強く感謝しています

手術が決まった数日前から、心配で夜も眠れず、食欲もなく、とても心配でしたが今はクロも元気で、食欲もあり、傷口の経過も良好でホッとしています。
本当に、ご心配を、お掛けしました
検査結果を待ち、治療方針を決める事になっています。また経過を報告させて頂きます。

S様より
2008/10/29掲載

TOPページへ  犬猫介護INDEXへ