癌と闘う保護犬のクマちゃん

クマちゃんは9歳くらい(2004年4月現在)の雄犬です。

前足の付け根に癌が出来てしまいました。
獣医さんと幾度もお話をしましたが、場所的に難しいと言われました。足の断脚も考えましたが、腰から後ろ足がかなり弱ってふらついているので、前足を切断してしまうと歩けなくなってしまう事と、手術をしても余命6か月程度だろう言われました。今は、痛み止めの薬を飲ませています。
心臓にもフィラリアが入っており雑音があります。
手術を行うかどうかは、もう一度検査をしてから決めることになりました。

足が痛くてフードが食べられません。
頭を下に下げると、前足が八の字に広がり、食べることが出来ないのです。そこで、ボランティアの方に、お膳を作っていただいたお陰で足が広がらなくなり、楽に食事が出来るようになりました。
どうもありがとうございました。

ホームページを見てくださいました方が、クマちゃんを心配してくださり缶詰をお送りいただきました。
食欲が無くなって毎日点滴を打ちに獣医さんに通っていましたが、お陰さまで缶詰を食べるようになりました。ありがとうございました!

その後、クマちゃんは全く動けなくなってしまいました。
八の字を書いたように前足を広げる無理な姿勢をとっていますのでタコが出来てしまいました。可哀想で何度も起こして抱っこをしますが、体中が痛いようで、触ると痛がります。
おしっこも垂れ流しなので、毎日お風呂場で下半身をシャンプーしますが、とても重いです。
最近はまた食べなくなってしまい、点滴に通っています。

前足の付け根の癌です

頑張っているクマちゃんにメッセージをいただきました

いつもとは別にクマちゃんの為に寄付をさせていだたきましたのでよろしくお願いします。
私たちが初めて加藤さんのところに伺った時、クマちゃんが外(玄関横)にいて、他の子がワンワン鳴くのに、クマちゃんが主人のことを大人しくジーッと見ていたそうです。
それから主人は、クマちゃんの事を気にしていた様子です。
加藤さん、介護その他でお忙しくて大変ですが、お身体に気を付けてください。

Aさまより